『共に育て、共に育ち、共に喜ぶ』

利用者、職員、地域社会がお互いに支え合い、共に歩む施設作りを目指しながら、心優しい感性豊かな子を育てる。

・様々な遊びや体験を通して一人ひとりの個性を伸ばす保育
・基本的生活習慣を身に付け健全に過ごす保育
・集団な生活の中で思いやりの気持ちを育てる保育

  • 心身ともに健やかな子ども
  • 心のやさしい感性豊かな子ども
  • 自らの力で物事を発見できる子ども
  • 元気にあいさつのできる子ども
  • 0歳児:生理的欲求を満たし生活リズムをつかむ.
  • 1歳児:安心できる保育者との関係の下で自分でしようとする気持ちが芽生える
  • 2歳児:衛生的で安全な環境で心身ともに快適な生活を送る
  • 3歳児:自分のしたい事、言いたい事を言葉や行動で表現する
  • 4歳児:感情が豊かになり我慢ができるようになる
  • 5歳児:集団生活の中で意欲的に活動し新しい知識や能力を獲得する